--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-12-24

おめでた続き。



いや~

めでたい事が続くのは
気分が良くなりますね~

やはり笑顔は人も自分も幸せにしますね~

同じ生きるのなら
笑って生きよう…
スポンサーサイト
2011-12-16

今年も残りわずか・・・

久しぶりの書き込みです。

なかなか更新できなくて申し訳ないです
こっちまで手が回らなくて・・・・。

先日、時津の鶴南養護支援学校 で 祭り太鼓とに~に~ず のジョイント出演がありました。

声をかけて下さったのは 愛野町50周年 のときに一般参加していた先生で、
どうしても子供たちに 沖縄の音楽や太鼓にふれて楽しんでほしい という理由から
声がかかりました。

対象者は知的障害を持った子供たちで 20名ほど。 それに大人の方をあわせて40名

最初にパーランクーをくばり 沖縄の音楽にあわせ 太鼓を自由に打つことから始めて
次にカチャーシー
それから 沖縄音楽のに~に~ず、 最後に祭り太鼓の出演で締めました。
フィナーレは大カチャーシー大会になり アンコールは 三線の花 ですべて終了いたしました。

子供たちはとても正直です。面白くなかったらそっぽ向くし 興味があるものがそこにあれば
どんどん入ってきます。
子供たちが楽しそうに太鼓をたたき、真似をしておどっている姿をみて
祭り太鼓ってやはりいいな!

って思います。あの子供たちといっしょに時間を共有し 共に楽しませてもらい
とてもありがたく感じました・・・

やはり 感動の中には 『やさしさ』 があり  人はこのやさしさ を持つことで
生きている喜びを実感することができる

と信じています

『幸せ』はどこに転がっているのかわかりませんが 人としてやさしい心を持っていれば
かならず 幸せ は訪れるはずです

メンバーのみんなには 祭り太鼓を通して この やさしく温かい心 を育んでもらいたい・・・

みんな みんな 幸せになってもらいたい・・・・。


ということで、 今日はこのへんで!

               やまおじ
2011-12-07

小浜太鼓30周年

私たち琉球國祭り太鼓 長崎支部がうまれたのは
何といっても 小浜太鼓さんのおかげです。

17年前、普賢岳復興のイベントが開催されたとき 当時の小浜太鼓の宮原さんと琉球國祭り太鼓の照屋さんが
交流があり その縁で 沖縄より本部がこられ それを私たちが客席で観ていたのが始まりです

ふだん太鼓は打たない私も この日だけは 感謝の意味を込めて 打たせていただきました

当時のリーダーやメンバーの方もいらしていたので 私たちの想いが伝わればと・・・頑張りました。

出だしで打ち合わせミスがあり つまずきましたが 最後まで楽しく打てたのでよかったし
現リーダーの 森さんからは 『空気が変わってよかったです!ありがとうございました!』
とよろこんでいただきました。

一安心。

今年も残り僅かになりましたが、イベントに練習に怪我のないように頑張っていきましょう!

                  やまおじ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。